インプラントと同じくらい人気のブリッジでぼろぼろの歯を治そう

インプラントと同じくらい行なわれているブリッジ治療の流れ

  • TOP
  • >
  • 歯を取り戻す

ぼろぼろになった虫歯の治療

重度の虫歯の場合治療が必要です。「きっと、痛いんじゃないか」と不安を抱えて虫歯の治療を躊躇している人も少なくないでしょう。治療の流れを知ることで、そのような不安も払拭できます。虫歯菌が神経まで到達している段階の治療の流れを紹介します。痛みや腫れが現れている人は、要チェックです。

虫歯治療の流れ

虫歯菌に侵された神経を取り除く

虫歯菌に侵された部分を全てしっかりと取り除かないと、虫歯は再発します。インプラントやブリッジ、入れ歯が必要な段階では、周りの歯や顎に掛かる負担も大きくなっているので、より再発防止が重要なのです。通常の虫歯治療では極力神経を残すように治療を行ないますが、既に神経が侵されている場合は、残念ながら取り除くしかありません。痛みが出ないように麻酔を打ちます。「麻酔だって、打つときに痛いじゃないか」と思うかも知れませんが、大丈夫です。近年はほとんどの歯科で、麻酔を打つときの傷みさえ感じさせない「無痛治療」が実施されています。無痛治療ももちろん保険が利きます。「表面麻酔」を塗ったり「笑気麻酔」で神経を落ち着かせたりする方法、「針のない麻酔用注射器(噴霧するタイプ)」などが用意されているので安心です。重度の虫歯の場合、炎症の酷い部位では酸度が強くなっています。酸度が強いと麻酔が効きづらくなるため、抗生剤でまずは炎症を抑えます。

神経を取り除いた箇所に薬

神経を取り除いた後は、薬剤を用いて削った部分の消毒を行ないます。根管治療が適切に行なわれなければ、その後どんなに上手にインプラント治療やブリッジ治療を行なっても、虫歯は再発してしまいます。信頼できる実績のある歯科で行ないましょう。根管治療では歯の根の深さをきちんと確認するために、レントゲンを撮ります。最近は3D技術を用いて歯や顎の構造をより正確に調べる歯科も増えてきました。自分にフィットするインプラントやブリッジ、入れ歯を入れるために、こうした技術はとても役に立ちます。歯科選びの際は、医師の技術力と併せて設備についても見るようにしましょう。神経を取り除いたら、一時的に開いた部分で埋めて蓋をします。

土台を作ってセットする

神経を取り除いた部分に入れるのが土台です。土台を作る際は土台と被せ物の安定感を高めるために、土台の基礎になる部分を整えて土台の型を取ります。土台ができ上がるのは次の通院時です。再度仮の詰め物で一時的に蓋をしておきます。土台ができ上がったら、仮の詰め物を取り除き土台をセットして形を整え、型を取ります。再び蓋をしたら、被せ物ができるまで待ちます。

被せ物を作ってセットする

仮の詰め物を外したら、被せ物をセットします。そして、被せ物の形を整えながら高さを微調整していきます。噛み合わせを良くするように、違和感があれば医師や歯科衛生士に伝えましょう

重度の虫歯の場合治療に時間が掛かり、最低でも1ヶ月以上の期間を要します。「仕事やプライベートが忙しくて、なかなか続けて通えない」ということがないように、「通いやすい距離にあるかどうか」、「予約を入れやすいかどうか」も考慮した上で歯科を選ぶと良いでしょう。

抜歯が必要になった場合の注意

抜歯が必要な場合は、特に次のことに注意してください。

虫歯治療で抜歯を行なった場合に注意することはありますか?
抜歯を行なった部位が傷付かないように気を付ける必要があります。通常、傷口は血餅(けっぺい)で保護されますが、口腔内では唾液やブラッシングで剥がれやすくなっているため要注意なのです。傷口を保護する血餅が剥がれてしまっては、傷口が剥き出しとなり、炎症や化膿が起こりやすくなります。口腔内で出血が見られる場合は、清潔な脱脂綿やガーゼで傷口を圧迫して止血します。口腔内で血液の味がする場合は、激しいうがいは控えましょう。血液循環が良くなり過ぎると上手く止血できなくなるので、激しい運動や長風呂も避けるべきです。また、熱と腫れを伴う傷みがある場合は、痛み止めを服用するだけでなく、患部を冷やすようにしましょう。術後、麻酔が切れてくると傷みを感じはじめるので、こうした対処方法を医師や歯科衛生士に聞いておくと安心です。
抜歯の場合はどの位の期間で完治しますか?
術後半日もすると出血は止まりはじめますが、傷口を縫合してある場合は、術後3日間腫れが続く可能性もあります。刺激を与えないように、食事の際に辛いものや熱いもの、酸っぱいものは避けましょう。術後4日目になると痛みはほとんどなくなります。抜歯跡の凹みには食べカスが溜まりやすくなっているので、プラークになりやすいスナック類やパンなどは控えた方が良いでしょう。術後5~6ヵ月頃になると凹みも大分なくなってきます。そして、術後7~8ヵ月頃になると歯茎の下の骨細胞が骨を修復しています。抜歯後の歯茎や顎の骨の本当の完治は、この頃です。

歯科医師

抜歯を簡単に考えている人もいれば、もの凄く恐れている人もいるでしょう。根管治療と抜歯はきちんと行なう必要があります。未だ抜かなくても良い歯を抜いてしまう歯科もあれば、抜くべき歯を技術的な問題で抜くことができない歯科もあります。治療の難しさ虫歯の進行具合にもよるので、重度の虫歯に悩んでいる人は、難症例を数多く扱っている実績豊富な歯科や口腔外科を受診してみると良いでしょう。

ぼろぼろになった歯を取り除きブリッジ治療で治したい

虫歯治療後のブリッジ治療は、次のような流れで行ないます。抜歯後の選択肢として、インプラントと並んで人気のある治療方法なので、是非検討してみると良いでしょう。

ブリッジ治療の流れ

ブリッジを被せるための基礎作り

ブリッジを被せるために両端の歯を削りますが、それと同時に虫歯治療もきちんと行ないます。ブリッジの支えになる両端の歯に虫歯があると、せっかくのブリッジも数年で失ってしまうからです。

型取りと仮歯を取り付ける

両端の歯を削った後は、被せ物を作るために型を取ります。前歯の治療ややセラミッククラウンを用いる場合は仮歯を装着して色合わせと噛み合わせのチェックを行ないます。被せ物の種類によって仕上がり期間は異なるため、気になる場合は確認しましょう。

作成した被せ物を取り付ける

被せ物ができ上がったら、装着して噛み合わせや形に異常がないかをチェックし、必要があれば微調整や修正を行ないます。ブリッジ装着後30分は歯や歯茎の負担を減らすために、食事は控えた方が良いです。抜歯や神経を取り除く必要のない中程度の治療の場合、神経を残してブリッジを行なうこともあります。その場合、ブリッジ装着後の食事などでしみたり噛んだときに痛みを感じたりすることがありますが、1週間くらいで治まるので心配ありません。

このような流れでブリッジ治療が行なわれます。歯科では個人に合わせた治療計画が立てられるので、不明な点や気になること、希望などがあれば気兼ねなく医師に相談しましょう。術後一月以上経っても痛みや腫れが酷い場合も相談した方が良いです。

前歯なら保険診療で白い歯のブリッジ治療が可能

前歯は見た目的にもとても大事な部分であるため、上下左右の犬歯の間にある12本であれば、白い被せ物をしてくれます。このときに使われる素材は、「レジン前装冠」というものです。プラスチック素材のため、食べ物が付着しやすく変色も起こりやすくなっています。また、安価ですが、耐用年数は3~4年と短くなっているので、よく考えてから選択した方が良いでしょう。

TOPボタン