インプラントと同じくらい人気のブリッジでぼろぼろの歯を治そう

ブリッジやインプラントを長く使い続けるためのコツ!

  • TOP
  • >
  • しっかりと手入れをしよう

ブリッジ治療の効果を長持ちさせるためには

ブリッジ治療を行なった後は、普通に食事や会話ができます。ですが、時間が経てば必ず劣化は起こります。この劣化を食い止めることが、ブリッジやインプラント、入れ歯を長く使い続けるためには大事です。

ブリッジの耐久性の目安は7~8年?

ブリッジは何年程使用できますか?
一般的に7~8年が保険診療でのブリッジの寿命と言われていますが、使用した金属や口内環境によっても異なります。保険診療で使われる素材は、安価であり劣化が起こりやすいため術後のケアが何よりも大事になってくるのです。良い口内環境を維持してブリッジを長持ちさせるために、ブラッシング方法の他に「歯間ブラシ」や「スーパーフロス」、「タクトブラシ」の使い方も歯科でしっかりと教わりましょう。
ブリッジが壊れてしまうとどのような問題がありますか?
歯は前後左右の他の歯と支え合うことで、色々な機能を維持しています。そのため歯を失ったときもそうですが、ブリッジやインプラントが壊れて取れてしまった場合も要注意です。両端の歯が倒れてきたり、噛み合う上下のもう一方の歯が伸びてきたりします。また、発音しづらくなったり食べ物が挟まり虫歯になったりするなど、様々なリスクが高くなります。

この他にも、ブリッジやインプラントでは「歯周病」や「インプラント周囲炎」にも気を付けなければなりません。ブリッジやインプラントの快適さを長く維持するためには、しっかりと手入れを行ないましょう。そして、メンテナンスや再治療が必要な際は、早めに受診しましょう。「歯肉や歯石の状態」、「義歯の劣化具合」を定期的に見てもらうと安心です。

手入れを怠った場合、ブリッジが壊れるだけではない

ブリッジは掃除がしづらい構造になっています。ブリッジのケアを怠った場合は劣化して壊れやすくなるだけでなく、虫歯や歯周病を招きやすいため要注意です。

ブリッジの手入れをする

では、実際に自分でできる手入れ方法について見ていきましょう。

歯ブラシでブリッジに付着した汚れを落とす

ブリッジの義歯(ポンティック)と両端の歯の間、歯茎の間には隙間があり、そこにプラークが溜まりやすくなっています。通常の歯ブラシではブリッジ部分の汚れをきちんと落とせないので、毛先がまとまっているタクトブラシやヘッドの小さいブラシを使って磨くようにしましょう。

歯間ブラシでブリッジと歯茎の隙間の汚れを落とす

基本のブラッシングが終わったら、次に歯間ブラシで義歯と両端の歯の隙間のプラークを取り除いていきます。ブリッジの義歯は連結した構造になっているので、通常のようにフロスを通すことができません。この部分もブリッジ用のデンタルフロスを使用すれば磨けますが、差し込んで使うことを考えると歯間ブラシの方が使いやすいでしょう。歯周病を発症している場合は、歯間ブラシを入れると直ぐに血がにじんできます。しかし、歯間ブラシによるケアを毎日きちんと続けていくと、不思議と出血は治まってくるのです。出血が治まらない場合はやり過ぎが考えられるので、力加減や頻度などを工夫しましょう。ただし、被せ物はつながっているため、その間にデンタルフロスを入れることはできません。

ブリッジ用のデンタルフロスで汚れを取り除く

ブリッジの義歯は歯茎との隙間を残して作成されることが多く、この隙間にもプラークが溜まってしまいます。ブリッジ用のデンタルフロスは端が硬くなっていることで、隙間に差し込むことができます。また、磨く部分は毛糸のようにフワフワしているため、通常のデンタルフロスよりもプラークを取り除きやすくなっているのです。

ブリッジを長持ちさせるためには、このような手順で手入れを行ないましょう。

虫歯でぼろぼろな歯をなくすために

虫歯でぼろぼろな歯を治療した後に、再び同じことが起きないようにきちんと予防を行ないましょう。歯科では、効果的な予防治療を行なっています。どのようなものがあるのか紹介します。

歯医者でケアしてもらって虫歯を治したい

実際に歯科で予防治療を行なった人たちの口コミを見てみましょう。

歯医者で歯の隙間に詰まっている汚れを落としてスッキリ! (20代/女性)

毎日磨いていてもやはり食べカスや歯石が気になり、歯科クリニックで定期的に見てもらっています。歯石除去は3ヵ月に1度行なっていますが、虫歯検査やプラークのチェックは毎月通っています。歯科衛生士のお姉さんが前歯の裏や奥歯の溝などもじっくり見てくれるので、安心です。歯の隙間に詰まっている汚れを専用の器具や熟練したブラッシングで取ってもらうと、とてもスッキリします!おすすめですよ~。

虫歯予防のために歯にフッ素を塗ってもらいました (30代/男性)

小さい頃から虫歯になりやすく、毎年学校の歯科検診では「ここちょっと虫歯になっているね」と言われていました。この歳になって歯は大事だよなと思い、虫歯予防のために定期的に歯にフッ素を塗ってもらっています。フッ素を降ることでエナメル質が強化されて、何もしないよりも虫歯になりにくくなるそうです。

自分では気付きにくいところまで細かく調べてくれます (20代/男性)

歯科検診を受けると、普段自分では気付きにくいところもしっかりと診てくれます。以前何となく久しぶりに歯医者に行ったときに、「虫歯になっているところと少し欠けているところがあります」と言われてビックリしました。それから、口の中の状態って把握しているようで把握できていないと思ったので、今では半年に1度歯の状態をチェックしてもらっています。歯の健康に良くない食べ物や生活習慣についても教えてくれるので、かなりためになっていますよ。

自分ではきちんとケアをしているつもりでも、虫歯になっていて気付かない内に進行していることがあります。早めに治したいと思う人は、定期的に歯科で虫歯チェックと予防治療を受けた方が良いでしょう。

仕事が忙しい人でもできる虫歯予防

忙しくて歯科に通えない人は、次のような方法で予防しましょう。

キシリトールガム
歯科専用キシリトールガムというものがあるのをご存知でしょうか?歯科専用キシリトールガムと市販のキシリトールガムとの違いは、甘味料の配合にあります。歯科専用キシリトールガムに使われている甘味料は、キシリトールのみです。更に、歯の再石灰化を促すリン酸カルシウムも配合されているので、歯を強くしてくれます。
マウスウォッシュ
歯の表面に付いている汚れを落としやすくし、口腔内の虫歯菌も退治してくれるのがマウスウォッシュです。忙しくて日中あまり歯を磨けない人の必需品とも言えるアイテムですが、こちらも歯科には低刺激で高品質なものが用意されています。気になる人は歯科検診や虫歯治療の際に聞いてみてください。
歯ブラシ

忙しい人でもこれらを使用して、しっかりと虫歯予防を行ないましょう。インプラントやブリッジを長く維持することで、快適で楽しい食生活やQOLを維持できるようになります。保険適用の治療も用意されているので、費用を抑えたい人はあきらめずに歯科に相談しましょう。

TOPボタン